■スポンサードリンク

脱毛剤

脱毛剤にもいろんな種類があり、脱毛ワックス、脱毛テープ、脱毛クリーム、脱毛フォームがあげられます。
脱毛テープやワックスは、むだ毛を毛根から処理できますが、埋没毛の原因になります。簡単にむだ毛の処理はできますが、処理時に痛みを伴い、お肌の表面を傷めやすいので、肌荒れ、かぶれなどの原因となる可能性もあります。お肌の弱い人は事前に相談するなど、注意が必要でしょう。
脱毛クリームは、アルカリ性のクリームを使用し、化学反応により毛を溶かす脱毛剤です。あくまでも皮膚から出ている部分の毛を溶かすので、毛穴まで処理できるものではありません。毛がいろいろな方向を向いた状態で溶け切れてしまいます。肌荒れやかぶれ、埋没毛の原因にもなります。
脱毛フォームは、泡タイプの脱毛剤で、その泡は脱毛クリームより浸透力が強いとされています。
自分で脱毛を行える点がメリットですが、脱毛剤の特徴をよく調べた上で、どれが自分に一番あった脱毛剤なのか慎重に選択しなければいけません。

キャンペーン広告












脱毛エステ・医療ブランド一覧はこちら