■スポンサードリンク

痛みについて

痛みというのも人それぞれで個人さはありますが、いまの段階で無痛というものはありません。一般的に痛みが強いとされる施術は位赤の通りです。

ニードル脱毛:

毛穴一つ一つに針を刺して毛穴に電気を流して毛根を焼くので、他のレーザー脱毛などと比べるとニードル脱毛は痛みが激しく時間がかかるとういう特徴があります。その痛みに耐えられない人によってはクリニックでは麻 酔も出来ます。ですが、エステはその資格がないので麻酔なしで行われます。毛穴に細い針を差し込み、電気や高周波を流し込むことで毛根を破壊します。きちんと破壊されればムダ毛が生えなくなり、永久脱毛ができるというワケです。ニードル脱毛は基本的にどのパーツでの脱毛も可能で、人気なのが特に処理が面倒なV・I・Oラインです。

美容電気脱毛:

針で刺されるような痛みを感じると言われています。ですが普段から自分で毛抜きでケアをしていた人は、施術中に眠ってしまう方もいるとほど、あまり痛くないと感じるらしいです。

フラッシュ脱毛:

これまでレーザー脱毛が一般的でしたが光を照射するフラッシュ脱毛が最近は人気です。光を照射して脱毛したい部分に光を当てる事により、毛穴の中の毛包に熱が与えられ毛包の中にある毛母細胞と毛乳頭がタ死滅します。これらが死滅すると毛全体が老廃物となり、6~10日程経つと自然に毛が抜け落ちます。個人差があるため早い人で3日で脱毛する人もいます。この個人差は毛が抜け落ちるまでの差で脱毛結果自体の差はほとんどありません。その後、数週間で新しい毛が生えてきますが、前よりも毛穴が小さくなっている為に細くて薄い毛となるでしょう。「処理前よりも細く薄い毛が生えてくる」という事がフラッシュ脱毛の特徴です。フラッシュ脱毛を繰り返す度に毛穴が小さくなるので最終的には毛が生えてこなくなります。個人差はありますがレーザー脱毛よりも痛みは少なく、光を照射した一瞬だけパチンと輪ゴムで弾かれる痛み。施術範囲が広く短期間でケアが終了します。痛いのが絶対にイヤという方はにはおすすめです。肌が弱い方は痛みを感じやすいので前もって光の照射レベルを下げて施術して貰う様に施術者に伝えましょう。

キャンペーン広告












脱毛エステ・医療ブランド一覧はこちら