■スポンサードリンク

レーザー脱毛の種類

クリニックによっては色々な呼び方があります。大きく分けて以下のような種類に分けられます。

ルビーレーザー:

メラニン色素が赤色の波長の光を吸収しやすいこと利用しシミ・ホクロ消しに利用。

ダイオードレーザー:

ダイオードレーザーに用いられているダイオードとは半導体のことで産業用レーザー装置として古くから使用されていて非常に耐久性に優れています。

ダイオードレーザー:

ハンドピースを肌に接触させながらレーザー照射します。ハンドピース先端に冷却用クーリングチップがついているためレーザー照射をしながら瞬時に冷却が行えるので今まで以上により痛みが少なくなりました。

アレキサンドライトレーザー:

ダイオードレーザーよりも波長が低くメラニンの吸収性が高い。最高ー35度までの冷却エアーで瞬時に冷却が行えるのでより効果的で安全・確実な医療レーザー脱毛を行うことができます。

YAGレーザー:

YAGレーザーは日本の厚生労働省が認可した唯一のレーザーです。日本ばかりでなくもっと審査の厳しいアメリカのFDA(食品・医薬品安全局)にも認可されている最高性能のレーザーです。 あらゆる肌の種類の方の脱毛が可能です。毛根が深部にあるケースや、日焼けなどでメラニン色素が多いケースうぶ毛や剛毛でも、安全確実に全身の処理が可能です。また、血管腫治療などにも幅広く使われレーザーの照射強度の細かな調整が可能なのが特徴です。

キャンペーン広告












脱毛エステ・医療ブランド一覧はこちら