■スポンサードリンク

やけどについて

脱毛の効果そのものが、毛によるヤケドからくるものなので脱毛とは切れない関係にあります。施術後のやけどは起こさないような工夫がされていますが、日本人のように肌の色の濃い人種や日焼けした場合にはやけどを起こす可能性があるものもあります。

ダイオードレーザー、ロングヤグレーザーは波長が長いためにお肌表面への熱吸収が少なく、やけどを起こし難くなっています。冷却装置を内臓したものやオプションで追加できるものがありますので、よほどお肌が日焼けに弱い場合を除いて、医療レーザー脱毛でもほとんどやけどを起こすことがありません。

フラッシュ脱毛は、医療レーザ、ハンドピースをお肌に当てる時に、お肌とランプの距離が均一でなくなることがあります。脱毛に比べると出力が抑えられているので、正しく使えばやけどを起こさないはずなのですが、お肌に当たる光の強さは距離の2乗に比例するので、ハンドピースを当てた時に、お肌にめり込んだようになると、ランプとお肌の距離が近くなり、思っていたよりも光が強すぎると言うことになります。

このようなやけどは、従業員の経験不足や知識不足によるものが大きいです。以上のことが無い様に、従業員の訓練をしっかり行っているエステサロンを選ぶべきです。

キャンペーン広告












脱毛エステ・医療ブランド一覧はこちら